Users who sent the Heart

No user sent the Heart yet..

    想いをつらつらと

    4

    703号室 OFFICIAL WEBSITE

    2022/09/28 00:57

    Follow

    ただいまー


    久々に日誌を書こうかなと、ふと思いましたので。


    ここ最近、YouTube生配信とか毎日投稿とか

    ワンマンに向けてやっているわけなんですが

    なんでやっているのか、想いを皆様に伝えていなかったなぁと思いました。


    なんでもそこまでの過程とか、気持ちが大事だと思っているので私の心の中を共有させてもらいますね


    信頼している住民の皆様だからこそ吐き出したいことでもあるので、ここからは受け止めてくださる方だけお読みくださいませ





    まず、私は集客というものに対してすごくコンプレックスがあります。

    初めてステージに立った時からずっと

    チケットノルマを払うためにバイトをしたり

    ガラガラのライブハウスで歌ったり

    イベンターさんに嫌味を言われたり

    そんな経験を割としてきました。

    もうこんな思いしたくないっていう気持ちが

    上を見る原動力になっていたりもするんですが

    やっぱり蓄積されたそれは、化け物みたいな劣等感を生み出す訳です。


    でも、段々と703号室の歌を、実際に足を運んで聴きにきてくださる方が増えて

    めちゃくちゃ嬉しかったです。

    2021年7月3日渋谷スターラウンジ公演の

    開場前から外でお客様が並んでるあの光景は

    多分一生忘れないと思う。


    そこから一年経って、2022年7月3日ははじめてのワンマンでクアトロを満杯にできた。

    最初、クアトロって聞いた時

    正直嬉しさよりも不安の方が大きかった。

    今だから言えるけど

    実際順調にソールドできたわけじゃなくて

    本当に毎日必死にチケットを売ったんです

    地元にポスター貼りに行ったり

    とにかく連絡できるところには全部連絡して

    色んな人が力を貸してくれて

    達成できたソールドでした。


    だから、感謝はもちろんすごくあったけど

    SNSで同世代のアーティストがワンマン即完してたりするのを見ると

    なんとも言えない絶望感というか

    また劣等感にのみこまれてしまったりして

    感情の起伏も激しかったです



    そして次のセカンドワンマン

    こんな短期間でまたワンマンをやると思ってなかったから

    また不安が込み上げてきて。

    一回チケットの売れ行きが伸びなくなった時があって

    そこからはまた必死に色々考えて動きました

    毎日押し寄せる不安と戦いながら

    ソールドを目指しました。


    まだO-WESTを即完できるアーティストではないんだ、と現実を突きつけられたけど

    でも、ソールドアウトまであと一歩のところまできた。

    あと少し住民の皆様の力を貸していただきたいです。

    心からのお願いです。



    今の時代、SNSの数字と実際のお客様の数は一致しません。

    フォロワーさんが多くてもYouTubeで再生回数が多くても

    実際にライブに来てくれるお客様がいないと

    生き残っていけません。

    SNSが主流の時代だからこそ、リアルに動いてくれるお客様が何人いるか、が命です。

    私がソールドアウトにこだわる理由はそこです。

    お客様が一人だったとしても、気持ちを込めて全力で歌を届けるのはもちろんなんだけど

    一つ一つのステージをクリアしていかないと

    東京ドームまで行けない



    普段の投稿もいいね、プラスリツイートしてくれたりとか

    お友達やご家族に曲を紹介してくれたりとか

    そういう応援がめちゃくちゃ励みになるし

    力になります。

    一人一人の拡散力って本当にものすごい力を持ってるんです。

    少しでも703号室にその力を貸していただけたらすごく嬉しいです。



    いつも本当にありがとうございます

    私は皆さんが本当に本当に大好きです

    自慢のアーティストになれるように頑張るよー!!!!!!!!!!!!!!!!!



    本音ぶちまけ日誌で申し訳ない


    最後まで読んでくれて本当にありがとう




    いい夢見てね



    703号室 岡谷柚奈

    ページを報告する

    コピーしました

    コピーしました